独り言 / 産後ケア

書くということ

とても久しぶりのブログ投稿。

書くことはもともとすごく好き。
でも、人に読ませる文章…というよりは、
一人で自分の想いを綴ることが得意なだけで、
対象者が誰になるかわからない文章を書くのは本当は苦手。

自分の書いたものも奥底に眠らせて、
誰にも見つからないよう、
自分がいなくなる前にはすべて処分したい性格です。

そんなもんで、開業して自分の正体を明かしつつ、
人様に何かを語りかける機会が増えてきて、
恥ずかしいやら照れくさいやら。

コロナを機にバタついて、忙しさにかまけていたら、
書くことからさらに遠ざかってしまいました。
伝えたいこともたくさんある。
自分の想いもこの数か月で大きく変わったこともある。
だから出さないといけないけど、
準備運動がないとなかなかできないもんだな…。

書き始めると、
言いたかったことが波のように押し寄せてくるけれど、
書き始めるまではパソコンでブログを開くのもなんとなく嫌だった。

SNSも、ニュースも、何もかもから遠ざかりたい…
そんな時期もあった。

やっと少し動き出せる気がしてきた。

前世は冬眠する動物だったに違いない…と思うくらい、
家の中にじーっとして一人でいるのが好きな私ですが、

それでもママ達に呼ばれるとやっぱり嬉しくて、
そそくさと動けるようになる。
私がママ達を助けているのではなくて、私が助けられて生きてるな…
と実感する毎日でした。

きっとこの仕事していなかったら、家で一人で朝も昼も夜もなく、
本を読んでケータイ見て寝て…息子曰く「廃人だね」だそうですが、
間違いなく廃人になっていたんでしょうね。

何かできることがある。それが私を世の中につなげてくれている。
家族であり、ママさん達であり、そして仲間であり。
そんな人達が世の中に出ておいでって言ってくれるから今動いていられる。

コロナの時期を経て、そんな感謝の念でいっぱいになったのでした。

さ、動くぞ!

投稿者

aoki@tomokosan.info

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。